【車買取り】愛車を高値で売る方法!4つのポイントを抑えよう

不要になった車やくるまの買い替えを考えるときに、今使っている愛車を高く買い取ってもらえれば、次の愛車の購入代にもなります。また、売ったお金を他の面に充てることもできます。くるまを売る時には、走行距離のチェックや、手入れを行う事で買取価格は上下します。買取業者によっても値段は多少違ってきますので、業者の決め方も大事です。クルマを売却することは、人生のうちに幾度もあることではないので、慎重に高額でで車が売却できる手段を検討しましょう。



クルマを高値で売却するノウハウとは?

走行距離は自動車を売る際に大事な項目で、愛車の買取金額はおよそ5万km前後で大幅に変動してきます。買取業者が、走行距離5万kmを買取の基準にして買取価格を決定している為です。また、年数が経っているのに距離が短すぎても査定額がマイナスになることがあります。くるまというのは、多少運転していないと故障しやすく、走行していない状態が続くと走行不良を引き起こす為です。走行距離が短くても、年数が経っているクルマは買取業者がマイナス要因と判断して減額されます。逆に走り過ぎていて10万kmを超えていると、過走行と査定されてしまいます。10万kmを超えるとくるまに多様な不具合が出てくるので買取価格もかなり変わってきます。ですので、10万km以内に車を売却すると良いでしょう。売却の目安としては、1年間の走行距離がおよそ1万km前後で、年式に見合う走行距離のクルマが高くで買取されます。



キレイにしている?手入れの重要性

自動車買取はメンテナンスを日頃からしていれば、日常的にに手入れをしていない車よりも買取価格が上がります。最も身近なメンテナンス部分は車体です。全く洗車をしていない愛車だと汚れが取れずに買取業者がマイナスポイントだと判断して減額されます。また、エンジンオイルをこまめに交換していないとエンジン内がドロドロになり、エンジンをかけた際の異音に繋がり減額のポイントになります。エンジンは自動車にとって最も重要な部分なので、エンジンオイルを決められた期間内に入れ替えて手入れすることで、査定の際に減額される事が減ります。買取業者は、買い取った自動車をメンテナンスして売り出すので、整備やメンテナンス費用が買い取った後に高くつく愛車は、査定の際にマイナスされます。普段の手入れをキチンとすることでマイナス査定が少なく、高価買取に繋がります。



売り先は決めている?1つの買取業者に絞らない方が良い

車を売るときには1社だけに査定をお願いするのではなく、複数の買取業者に査定を依頼すると良いです。買取業者は、買取の時に見ているポイントが異なるので買取価格に違いが出てきます。また、出張買取をしている業者が多いので、何社かの買取業者を同じ日程の同時刻に査定をお願いすると良いです。同時に何社かの買取業者にお願いする事で、時間効率が良く手間が省けます。また、人気の高い車種などは買い取りたい業者が多いので、他の業者より高額な価格を提示してくれて高額で売却することができます。



値段だけに惑わされるな!信用できる会社に売却しよう!

くるまはとても高額なものです。自動車買取においても詐欺は存在します。全く聞いたこともない会社で、価格が普通の査定じゃありえない額で提示された時は気を付けてください。高額の査定がついて愛車を売却したのに、いつまで経ってもお金が入ってこないという詐欺被害にあうおそれがあるからです。なので、愛車を売却する時には取引実績が豊富で、名前を知っている有名な大企業や中小企業に買取依頼すると、詐欺にあうリスクをかなり減らすことができます。



クルマを高額でで売却する手段を抑えて車買取してもらおう

以上のような事を踏まえて、くるまの売却方法や売却先を決めると良いでしょう。誰もがくるまを売る際は、少しでも高額で売りたいと考えて。なので、クルマを売却するタイミングや日頃からの愛車の手入れ、愛車の走行距離などの高額買取につながるポイントを押さえておけば、買取の際に有利に交渉を進めることができて、高い買取金額にも繋がります。しかし、買取価格も大事ですが、信頼できる買取業者にお願いするというのがくるま買取において一番重要な事です。リスク管理をしっかりして、納得のいく買取業者を見つけましょう。